SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 最終回コーヒーブレイクツーリング [白崎海洋公園]

12月初旬


本日の走行ルート…白崎海洋公園まで(往復)


海が見たくなったので、好きな白崎海岸へ行ってきました
出発は10時半頃。出来れば日没までには帰りたいが…まぁ無理だな
またここが遠いんだ!
ちなみに往復で約290kmほどですね

そして今回、また性懲りも無く、コーヒーを作って飲む、第2回一人コーヒーツーリングの開始だ!
ツーリング先で飲むコーヒーは美味いよね…でも自分で作って飲んだらもっと美味いんじゃない?
と、半分思って始めたツーリングだが、え~~第2回という名の最終回になりそうです…(笑)

RIMG0274_20161220015727364.jpg
いつもの水越峠から奈良入りし、京奈和道を通って岩出根来ICで降り、近くのローソンで尿休憩
京奈和道、根来寺の近くまで延長されてました

RIMG0273_2016122001573294b.jpg
隣には謎の西洋風の古城が……(笑)

RIMG0275_201612200157286c8.jpg
休憩していると、隣にGN125Hがやってきた
実はこのバイク好きでかなり気になってます
1980年代前半に販売されたGN125Eを受け継ぐ、このレトロなスタイルが好きなポイント
しかし実物を見てみたが、思っていたよりも、かなり車各が小さかったな
あと便利なのは凄~く分かるけど、ホムセン箱がスタイル的にちょっとね…w
自分ならサイドバッグを付けるかな…でも位置的にウィンカー移設しないと無理っぽいな
グラトラもそうだったんですが、リアシート下にウィンカーはサイドバッグに干渉するので止めてほしいな

RIMG0276_20161220015729744.jpg
国道42号へと進むため、和歌山市内~海南市までの県道を通り南下していく
紙の地図だけなら、ほぼ100%迷っていたところだが、ナビのおかげでスムーズに進むことが出来た

RIMG0277_2016122001573112d.jpg
途中にあるコスモで給油する
自分の嫌いなガソスタの条件として、給油中の料金が表示されない点があるが、ここがそうだった
現金払いなため、財布が膨れるのが嫌で、小銭を出さないための調整が出来ないのが理由なんだけどね…
表示させる義務は無いらしいが…でも給油量を表示するなら金額もやれよ!

RIMG0278_20161220023342e56.jpg
場所は失念だが、多分、日前宮駅前近くだったと思うが…
県道に大きな鳥居があり、珍しかったので記念撮影

RIMG0279_20161220023343714.jpg
国道42号線に合流、淡々と南下して海沿いを走る
山も良いけど、海もやっぱ良いな~!

RIMG0280_20161220023345fad.jpg
漁港の横も通った

RIMG0282_201612200233467bc.jpg
淡々と進み、白崎海岸に着きました
カメラ側でホワイトバランスを調節したが、どうしても空が白くなってしまう

RIMG0283_20161220023341b36.jpg
白崎海岸の景色は、何時来ても心が躍る
石灰岩の白い岩が良いんですよね~

RIMG0284_20161220024537ee2.jpg
何度目の訪問だろうか、道の駅白崎海洋公園に到着

RIMG0287_20161220024541a20.jpg
天気が良くていいのだが、風が強く、吹きさらしなので寒い((((;゚Д゚)))))))

RIMG0288_20161220024542a75.jpg
いつも閉まっているゲートが開いてました
多分ダメなんだろうけど…次来たときに開いてたら、ちょっと覗いてみます

RIMG0289_201612201134235b6.jpg
バンガローがあります
キャンプも出来るのかな?

RIMG0285_20161220024538000.jpg
施設の中に入り、土産物などを見るが、特に興味を惹かれる物は無いね

RIMG0286_2016122002453957f.jpg
芸能人の来訪写真
とりあえず高い車ということは分かるw

RIMG0290_201612201134185bd.jpg
施設を出て少し歩いたところに東屋があるので、ここでコーヒーを飲もう

RIMG0291_201612201134190b6.jpg
日本の渚・百選の一つとのこと
日本は道とか名水とか山とか、様々な百選がある
ツーリングのネタに困った人は一度巡ってみるのも良い…かも?

RIMG0293_201612201134201c6.jpg
前回と同じコーヒーを作って、施設の中で購入したクリームパンを食べる
このクリームパン、今まで食った中でも一番マズーなクリームパンだった
品質を保持するためにアルコールを使用しているらしく、ムワっとした苦味のような味が全体にする
あとクリームが、まんまウレアグリースみたいで、見た目も味もアカンw

RIMG0294_20161220113421d05.jpg
景色は最高だが…とにかく寒い!
椅子も無垢な木なので、お尻も同時に冷えるのが辛かった
でもコーヒーは美味かった…

RIMG0295_20161220115807986.jpg
もう一度、施設の中へ
2階に貝の博物館があるらしく、気になったので寄ってみることにした

RIMG0297_20161220115809a66.jpg
シジミみたいな小さな貝から、20cmくらいの大きな貝まで、様々な貝が展示されていた

RIMG0296_20161220115808eb7.jpg
個人的にアンボイナが気になった
イモガイとも言われる強力な毒を持つ貝で、知らずに触ったり踏んで刺され、中毒死する例もある貝だ
毒の強さはコブラの37倍で、一つの個体で30人を死亡させる毒を持ってるようです…凄いなぁ

RIMG0298_2016122011581134f.jpg
白崎海岸から、こんな綺麗な夕日を見れるらしい
同じような夕日を一瞬だが能登半島で見れたことがある
あれは印象的だった

RIMG0299_20161220115806975.jpg
2階までレールが敷いてあり、椅子に座って移動できる機械があった
車椅子も多く、足が不自由な人に優しい道の駅のように感じた

RIMG0300_201612201225080db.jpg
道の駅全国制覇とのこと
6年ほど前に近畿のスタンプラリーをしたことがあるが、何故か福井の九頭竜まで含まれており、
絶望したことを思い出したw(結局すぐ飽きてスタンプラリーは辞めた)
もし日本一周することがあれば、道の駅全国制覇やってみたいです

RIMG0301_201612201233567f3.jpg
やっぱここは行かんとなぁ…って感じで展望台へ

RIMG0303_2016122012335784b.jpg
石灰岩に囲まれた階段を上る

RIMG0304_20161220123358e0f.jpg
展望台到着

RIMG0306_stitch.jpg
色々とずれてるが展望台の景色
開放感があり景色良いですよ

RIMG0316_20161220123401605.jpg
自我撮りが少ないので記念撮影
そろそろ日が暮れだす時刻的な要素、そして場所柄かも知れんが、ちょっとしにたくなった…(笑)

RIMG0317_20161220125219942.jpg
気分はギリシャのエーゲ海な気分
ここだけ日本じゃ無い感じがします

RIMG0318_201612201252216fb.jpg
いやぁ~堪能しました!
和歌山の海沿いは温暖で、冬でも行けるので、また気分が乗れば行くかもね

RIMG0319_20161220125222f88.jpg
帰路、有田のJA

RIMG0320_20161220125223996.jpg
有田、有田、有田、有~田みかん、と言うことで、流石みかんの国
走ると分かるんですけど、そこらじゅうにみかん畑ありますからねw
値段も安いし、近くに来たときは是非土産にどうぞ!(言い方が関係者の回し者って感じだが…)

RIMG0321_20161220125225459.jpg
日没までに帰りたかったが、やっぱり無理でした
帰りも往路と同じ、京奈和道を通り、途中にある道の駅かつらぎ西へ
レストランは閉まっていたが、土産物などの販売所は開いていたのでよかった

RIMG0322_201612201312098b7.jpg
みかんと柿の大人買い
日本一の生産地なんで柿とみかんが安いんですよ
この柿、甘くてめっちゃ美味いです。ほぼ毎日食ってます

RIMG0323_20161220131210e44.jpg
スズキのカラーで一番好きなのが、このメタリックブルーなんですが、
薄くライトを当てたときに、キラキラと光るメタリック塗装が実に良い!!
SV650S、飽きないな。まだまだ乗りたいですね~

京奈和道の帰り、気温は4℃でかなり冷えました
4℃だとハンドルカバーをしていても手が冷えるんですよ…グリップヒーター欲しい

あとは適当に帰って帰宅
時刻は18時半ってところでした

白崎海岸は絶景でおすすめ
道中の道も交通量が少なく走り易いですよ
気になる人は行くべし行くべし


さて、コーヒーツーリング、今回が最終回となりそうです
その理由を書こう


■飽きた

うむ!飽きたなら仕方が無い!

というわけで、一つは至極単純な理由ですw
始めた理由の一つにチタンカップを使いたいということがあり、実質3回使って大体満足出来ました(笑)
まぁ、もうわざわざ作って飲む、コーヒーツーリングはもうええかなって感じかな


■道具を持って行くのが面倒

主にガス缶がね…
もし転倒したことを考えるとサイドバッグに入れるのは危険なので、
わざわざデイバッグを括り付けて、その中にガス缶を入れていました
やっぱ嵩張るし、持って行くのが面倒なんで、それも飽きに繋がるというか嫌になった原因かな


勿論、キャンプツーリングの時は、シートバッグを持って行くので、また話は別で使っていきますけどね
というわけで、一応コーヒー主体のツーリングはこれがラストということで終了します(多分)
関連記事

0 Comments

Add your comment