SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 世界遺産・姫路城へ行こう #1

現存天守であり、国宝であり、世界遺産でもある姫路城へ行ってきました


本日の走行ルート
帰路は往路とほぼ同じ道を通ったので省きます
総走行距離253.1km

あらすじ

現存天守はこれで8城目
今年は主に現存天守を巡ろうと決めたので、近場の姫路城に行くことにしたが、
実を言うと、あんまり乗り気じゃないという

だって絶対混みまくってますよね、ここ?w

あの姫路城ですよ…人が多くないわけが無い!
連れとかと一緒に行くなら別にいいんですけど、一人で行くところとして、
出来ればこういうゴミゴミした場所は避けたいところ…
ま、そんな気持ちもありますが、世界遺産の姫路城自体には興味があるのも確か

さて、また現地はカップルだらけでしょうが、その人波に揉まれながら孤独に城巡りをしますか(笑)

出発~舞子公園~姫路城まで

RIMG0400_20170108193240275.jpg
出撃は8時16分

起床は6時で、6時半に出ようと思ったが、あまりの寒さのため、しばし自宅待機(笑)
普段、朝は食べないが久々に腹が減ったので朝食に餅を食べたり、
バイクの空気圧をチェックしたりなどをしたら、結局出発はこんな時間になってしまった
姫路まではオール市街地なので時間が掛かるんだけどな…
出来れば日が暮れるまでには帰りたいが大丈夫か?


ルートは国道25号線から国道43号線へと進み、明石の方面へと向かう
途中、尼崎のところだと思うが、早速ここで緊急事態が発生!

43号線のこのあたりは片道3車線の広い道だが、環境対策か40km制限となっている
大体60km~70kmくらいで流れており、自然と自分が流れの先頭を走っていることに気付いた
自分は右のレーンを走行、途中で嫌な予感がし、左端の後方死角をのぞくとそこには…


白バイだー!!!(((( ;゚д゚))))


完全に自分の死角に入ってロックオンしているぞ!
もちろん即座にブレーキを掛け、制限速度+10kmほどに落として、何とか取り締まりは回避…
過去に捕まった経験から、定期的な後方確認と死角方向も確認することが功を奏した感じ(汗)

その後、白バイの後方を走り、白バイが次のエモノ(笑)を見つけたのか、銀のセダンを計測!
やはり70kmくらいだろうか、銀のセダン乗りの爺が捕まってました
爺…ご愁傷様です
何か自分を捕まえられなかったのが不満だったのか、八つ当たりみたいな取締りに感じたけど
しかし本当に危なかった…もし捕まってたら、多分今回姫路城に行くことは無かったかもしれない(笑)

RIMG0401_2017010819324109d.jpg
舞子公園の近くに来たので久々に寄ってみた
懐かしいなぁ~、大山ツーリング以来だからか3年ぶりやな!

RIMG0402_20170108193243f1b.jpg
場所はココ

RIMG0403_20170108193237d37.jpg
謎のサイドカー付きのバイクを発見
車種は全く分からないが、凄く高そうです…

あと海沿いなので、釣竿を持ったバイク乗りも何名か来ていましたね
釣りは全くやらないのでよく知らないが、ここは有料では無く、勝手に釣りをしてもいいところなんだろうか?

RIMG0404_20170108193239266.jpg

RIMG0405_2017010822374165c.jpg
西洋風の印象的な建物があった
中に入ることは出来るんかな?
今回はトイレ休憩で寄ったので素通りしたのみだが、次来たときは、ちょっと調べてみよう

RIMG0407_20170108223744cec.jpg
少し変わった松もあり

RIMG0406_20170108223743e71.jpg
世界最長の吊り橋、明石海峡大橋が良いね~
久々に来ましたが、相変わらず雰囲気の良い公園でした

舞子公園をでて、第二神明道路の大蔵谷ICへと向かう
普段高速は使わないのだが、大蔵谷IC~加古川バイパスまでは110円で利用できる
距離にして15km程だが、このあたりの下道は混む場合が多いので、少し楽が出来ますよ

RIMG0408_20170108223745fcb.jpg
姫路バイパスに合流し、別所SAで休憩
ここも大山ツーリングの際に寄ったきりだから懐かしい!
大山、また行ってみたいね

RIMG0409_201701082237472bf.jpg
寒いので何か暖かいものを…ってことで、コンビ二コーヒーを。
缶コーヒーより確実に美味いよな…値段も100円だし

RIMG0410_201701090001325e0.jpg
のん気にコーヒーを飲んでるけど、既に出発してから4時間も経過している(笑)
早く行かないと城を巡れなくなるぞ!
あと今日は確実に日没前に帰宅は出来へんなww

姫路バイパスから姫路東ICで降りて、姫路城へ
姫路城に到着し、事前に調べていた大手前駐車場だが、何とバイク不可の看板が!
他の人だが、過去の記事で、ここにバイクを止めていたのだが現在は無理になっているらしい
基本的に姫路城はバイクを止めるところが無いようです…

RIMG0411_201701090001341ee.jpg
しかし大手前の地下駐車場はバイク駐車できるようだ!
比較的最近出来たとこかもね

RIMG0412_20170109000135c83.jpg
1日500円…結構高めだが、折角バイク用に作ってくれたスペースなので利用しましょう
しかしガラガラやな!!

RIMG0413_20170109000136729.jpg
端のほうに移動させて、タンクバッグとかヘルメットとか、そのままにして出発w
姫路城は世界遺産なので、外人の観光客も非常に多いのですが、
人目に付かない地下の安全なスペースに置いておける点は安心なポイントじゃないでしょうか

RIMG0415_201701090001388e5.jpg
場所はココ

バイクは無事駐車することが出来た
時刻は既に13時を過ぎている…さっさと城を目指そう

姫路城 天守閣外部

RIMG0416_201701090034117a3.jpg
姫路城前の道路脇には同じみの土産物屋が並ぶ

RIMG0417_20170109003412a6d.jpg
姫路城の石碑
城とセットで撮りたかったが、外人観光客が引っ切り無しで被る位置で撮影し、
邪魔で邪魔でしょうが無く、3分ほど待ってたが諦めました

RIMG0419_20170109003408a70.jpg
別名、白鷺城とも言われる通り、漆喰の白い壁が綺麗な城です

RIMG0418_2017010900340782a.jpg
橋を渡り大手門へ

RIMG0420_20170109003409982.jpg
ドローン禁止の看板
使用禁止ってbanなんだ

RIMG0421_201701090041190be.jpg
中にも石碑があったのでセットで

RIMG0424_stitch.jpg
三の丸から

流石は姫路城、この規模の大きさに圧巻!
一度も攻め込まれたことも無く、戦災の被害も奇跡的に無かったようで、
他の城と比べて、保存状態に恵まれたということが理由の一つのようですけど

RIMG0427_201701090041217b1.jpg

RIMG0428_20170109004123de4.jpg
姫路城内は桜の木が非常に多い
春は絶対見所やろな~

RIMG0429_20170109004124606.jpg
来たからには天守閣に入るが…1000円は高っけえなー!w
平成の大改修というのが2015年?に終わり、その後に大幅値上げされたようです…

RIMG0431_20170109005439f9a.jpg
40円追加で払えば庭園にも入れるようなんで、そりゃ払うでしょ!
ていうか、なぜ40円という微妙な値段?

RIMG0434_20170109005441f20.jpg
姫路城の地図
まずは天守閣を攻めようかと

RIMG0435_20170109005443dd2.jpg
明治初期の姫路城
まさに要塞って感じで凄い

RIMG0433_201701090054411ac.jpg
門を潜り中へ

RIMG0436_20170109005444692.jpg
六階建ての大天守があり、周りに小天守が三つあるのが見える

RIMG0437_201701090845134b4.jpg
石垣、立派です
城内は木が多く、是非咲いてるときに来ればよかったと思いました

RIMG0438_20170109084515af7.jpg
天守閣を目指し歩いてるところ

RIMG0439_201701090845156ce.jpg
壁には三角と四角の穴が、ところどころに空いている

RIMG0440_20170109084517f81.jpg
これと同じようなシーンを、郡上八幡城でも見た気がする

RIMG0441_201701090845180c3.jpg
またまた門を潜る

RIMG0442_20170109085318578.jpg
遠くから見ても近くから見ても立派な城ですね
今まで見た中で一番かも

RIMG0443_20170109085313d57.jpg
またまたまた門を潜る
ほの門に、にの門もありました
天守閣内部は小さく、低く門が作られている箇所が多く見受けられる
頭上注意と書かれおり、どうでもいいことだが、別の門のところで一度思いっきり頭をぶつけてしまった

RIMG0444_20170109085315a40.jpg
石を落とすところだ!
俺でもこれは分かるw

RIMG0445_20170109085315a9b.jpg
大天守内部へと入る
ここから先は土足厳禁となっている

RIMG0446_20170109085317360.jpg
現存天守しか巡ってないが、階段はどこも急になっているね
手すりが備え付けられているが、足腰悪い人は注意したほうがいい

ここで一旦区切ります
次回へ続く
関連記事

0 Comments

Add your comment