SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 パクられた物を買いなおす① [メンテナンススタンド]

ツーリング道具では無いが、バイクに使う物なので、こちらのカテに

今月中頃、ガレージに泥棒が入り、あらゆるメンテナンス道具が盗まれたわけですが、
その中の一つにメンテナンススタンドがあります

チェーンの張り調整や、タイヤ交換など、無いと困る物なので買い直しました
なんでまた買い直さんとあかんねん!、と思うのが正直な気持ちですが、
盗難された物が戻る気配も無いし、仕方無いです(つД`)ノ

RIMG0657_201703312304371c9.jpg
購入したのは、ツールズアイランドというメーカーのこれ↓


リアメンテナンスバイクスタンド(大) 後輪専用

値段も手頃で評価も高かったことが決めて

RIMG0658_201703312304390e6.jpg
以前使っていたアストロプロダクツの物よりも、持ち手が張り出してる分、サイズは大きめ
耐荷重は200kgまでということですが、パイプがゴツく、非常に剛性感があります
あと赤の塗装が如何にもメンテナンス道具って色で良い感じ(笑)
前のアストロのは黒色で、展示として使うなら目立たない黒で良いんですけど、
個人的には赤が好きだな
あと塗装綺麗です。安物のスタンドですけど、塗装ムラも無く、安っぽさは感じません

RIMG0659_201703312304401b0.jpg
スイングアームの長さに合わせて、受ける部分の長さを調整
調整するための工具は必要ありませんでした

RIMG0662_2017033123044170f.jpg
早速使用してみました

スタンドの持ち手の部分が張り出していて、持ち易くて良いですね
あと剛性も高いので、SVくらいの軽いバイクだと特に曲がる気配も感じません
以前使用していたアストロのやつは、このスタンドより高かったのに、
最初の1回使用して速攻スタンドのパイプが曲がりましたがw

普通に使用出来るということは、値段も安いですし良い商品じゃないでしょうか!

あと余計なことですが、メンテナンススタンドを掛けるときは出来れば2人係りでやるほうがいいかと。
結構怖いんですよねぇ…、特にバイクを降ろすとき
自分最初やったとき舐めてかかったんですが、失敗してこかしたんですよ
それも運が悪く、こかした方向に盗まれたアストロのエアーコンプレッサーがあり、
ぶつかってしまって、ミラーとMRAの結構値段が高いスクリーンが割れてしまいました(泣)

失敗した原因はバイクのギアをニュートラル状態にしていたことなので、
フロントブレーキにストッパーを掛けてあげれば、降ろす際に転倒しにくくなるのでオススメします
でもバイクを持ち上げるときは、ニュートラル状態よりも重くなるのが欠点ですけどね
ブレーキのストッパーですが、↓の道具が使い易そうでちょっと欲しいなぁ…と思ってます


デイトナ(DAYTONA) フロントブレーキロック 91712

RIMG0663_201703312304434e5.jpg
バイクを持ち上げたので、チェーン注油を開始
今までは歯ブラシでゴシゴシしていたのですが、最近はジェットオイラーを使って、
ウエスを指に巻き、直接ローラーを回して給油させる方法でやってます
頻繁にオイルメンテをしていて、固着も無くローラーが軽く回りますし、
直接ローラーの中にオイルを潤滑させるのが気持ち良いので(笑)


というわけで、メンテナンススタンド購入インプレ記事終わり
一部の大きいアメリカンバイクなどには対応幅に制限があり、使用出来なかったという、
インプレもありましたが、SVで使用するには特に問題も無いのでオススメしますよ
関連記事

0 Comments

Add your comment