SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 七滝八壺へ行って来た

滝を見たいと思ったので、七滝八壺という場所へ行って来た
なぜ七滝八壺を選んだのかというと、たまたまツーリングマップルで目に付いたから…それだけw

場所は奈良県の東吉野
奈良へ行く際の定番路、水越峠を越え、道なりに進んで途中のキリン堂で昼飯

RIMG0855.jpg
久々にランチパックを食べたけど、なかなか美味かった

RIMG0856.jpg
SVを撮ってみたけど、この角度が一番かっこいいかも!?w

RIMG0859.jpg
国道169号線から370号線に進み、滝へ行くための橋を渡る

RIMG0858.jpg
景色は中々…

RIMG0860_20170610035746902.jpg
こういう広い駐車場、近場に欲しい
定常円旋回をしたり色々練習したいけど、中々というか全然無いんですよね
うろ覚えで福岡か長崎だと思うけど、自動車教習所の跡地で、バイクの練習場みたいな場所があったと思う
動画でジムカーナの練習をしたりしていたと思うけど…良いですね、そんな場所近場に欲しいわ~w

RIMG0861.jpg
途中、三叉路に看板があるので、滝の方向へ

RIMG0862_201706100418407eb.jpg
七滝八壺に到着
場所はまさに秘境です!w
平成の百名水も兼ねているようで、この際、水も飲みたいので空のカルピスを飲んだペットボトルも持参して歩く

RIMG0863_20170610041841e0f.jpg
説明文

RIMG0864_20170610041842811.jpg
狼に関係する石碑

国道から滝へと進む橋を渡る手前に、ニホンオオカミの像もあるんですよ
東吉野は狼にゆかりのある地のだったみたいですね

RIMG0865_20170610041844453.jpg
滝発見
マイナスイオンを感じるような感じないような

RIMG0867_20170611020337de6.jpg
山を少し登ったところに、更に滝が。
段々と滝が連なっていることから、七滝八壺という名称が付けられたのだろう

ひんやりとした雰囲気が辺りから漂い、空気がとても美味かった
水も澄んでおり、とても冷たくて気持ちよかったです

しかし…名水の取水場ってどこだ!?
百名水に認定されているなら、水を汲めて飲めると思って探したけど、結局見つからなかった…
まさか滝壺の水をそのまま飲んでいいとか?
説明の立て札も何も無いから、怖くて飲めなかったんだけど…むむ

RIMG0868_201706110203389b2.jpg
というわけで、七滝八壺を後にする
インパクトは無いが、滝が何段も連続する姿は、中々印象に残りました
しかし、カルピスサイダーのペットボトルをわざわざ持っていたけど、結局無駄になったのがな~

魚止の滝という滝も、七滝八壺から1km程、離れた場所にあるそうなのでついでに見ることにした

RIMG0869_201706110203406d2.jpg
滝へと進む橋の手前までバイクに乗って向かったが、バイク1台も止める程のスペースが無かったので、
橋から50mほど手前の少し開けた場所にバイクを止めて、歩いて向かいます

RIMG0870.jpg
吊り橋を渡って滝へ

RIMG0872_20170611020343d51.jpg
道なき道を歩く

RIMG0873_20170611022152b8b.jpg
大きな岩場を飛び越えながら進む
足場は悪いので注意が必要です

RIMG0874_20170611022148b05.jpg
魚止の滝に到着

RIMG0875_20170611022150ee7.jpg
滝としては普通だけど、七滝八壺と比べ、水の勢いは強いので迫力はある
ゴゴゴーーッっと、力強く水が流れる音に、自然の力を感じました


見るもの見たんで、帰りは大宇陀から明日香、大和高田バイパス経由で帰阪しました
今の暑い時期、滝は涼を感じることが出来るので、ツーリングの目的としては有りですね
たまには良いんじゃない?って感じで、140km程の行程で中々面白かったですw
心残りは水が飲めなかったこと、滝の近くに、やはた温泉という雰囲気が良さそうな温泉に入れなかったことかな
次に行く機会は限り無く無いと思うけど、温泉は機会があれば行ってみたいですね


関連記事

0 Comments

Add your comment