SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 公衆浴場・庵の湯でお疲れツーリング

最近、市街地走行が多いような感じだったので、久々にワインディングロード主体でバイクを走らせたくなった
思いっきり走れる場所といえば、まぁ~龍神スカイラインかな?、と思ったが、ちょっとそこまで走る気力は無い

ならば十津川までの国道168号線でも走るか!、と突発で決め、朝10時頃に出撃開始
十津川は温泉地でもあるので、ひとっ風呂浴びたいと思い、入浴具も持参することにした

RIMG0887_201706200300398da.jpg
大阪から水越峠を越え、五條市へと進み、国道168号線に合流して進む
途中にあるJAのスタンドで給油したが、セルフスタンドだし、ガソリンが安いので好きなスタンドです

RIMG0888_2017062003004005c.jpg
道中は端折りまくって、道の駅十津川郷に到着
写真は少しだが、道中の道が気になる人はこの記事でもどうぞ→ 【冬こそ】突発!熊野本宮大社へ【ツーリング】

途中のグネグネ道で、前の車が突然急ブレーキを掛け、危うく追突事故になりかけた
フルブレーキでリアロックさせながら何とか回避出来たが…道の駅到着してからも少し脚が震えていますw
車間距離は大事ですね、なにわともあれ事故にならんで良かった
もし事故ってたら、ガードレールの向こうに飛び出していて、崖下に落ちていたかもしれなかったので

RIMG0889_201706200300414dd.jpg
SV650Sのような、軽くて扱い易い車体でパワーのあるバイクに乗ると、ワインディングが楽しいんですよ
5年乗ってますが飽きないですね…一応、10万km目指してるけど、それまで乗ることは出来るのだろうか?

RIMG0890_20170620030036f70.jpg
駐車場からの山と川を眺めて、しばし休息
落差もあり良い景色を見てると、小便小僧みたいに、上から下におしっこがしたくなった(笑)

RIMG0892_20170621023906471.jpg
道の駅から更に南へ少し進んだ先に、庵の湯という温泉を発見
特にどの温泉へ入るか決めていたわけでは無いが、看板が目に付いたし、値段も安かったので寄ってみることにした

RIMG0893_20170621023908883.jpg
階段を下った先に、温泉がある模様
入る場所を決めたので、はす向かいに駐車場があるようなので、そこでバイクを止める

RIMG0891_20170620030038d45.jpg
駐車場は有料なのだが…バイクはゲート前から素通り出来て中に入れてしまうというガバガバなシステムだ(多分仕様だろうけど笑)
一応、入浴者は60分だったかな?、の駐車料金無料のサービスがあるので、
結局無料だからえっか!、という感じで脇から中に入ってそのままバイクを止めました

RIMG0894_20170621023908d25.jpg
階段を下って温泉へ向かう

RIMG0895_201706210239100c8.jpg
料金表
確かJAFの会員なら、半額で入浴出来たと思う

RIMG0896_20170621023911bcb.jpg
ずんずんと階段を降りる
建物自体は比較的、新しい印象を受ける
階段を下った先に、券売機があるので券を購入して店員のおばちゃんに渡す

RIMG0897.jpg
男湯に入る(当たり前だ!)

RIMG0898.jpg
脱衣所は結構狭いです
普通の温泉施設のような、ゆっくりとくつろげるスペースはありません
100円を入れたら戻ってくる貴重品ロッカーがあるので、荷物を入れて風呂場へと進む

誰も居ないと思っていたが、風呂場は2、3人ほど体を洗っており、中は窮屈でした
しかも、どの人もラグビー選手のような屈強な男性で威圧感があり、少し怖かった…w
中に入ると同時にその男性達から、あいさつをされたのが珍しいと思いました
客層は主に地元客だと思うので、自分もそう思われたんでしょうねー

RIMG0899.jpg
他の入浴客が帰ったので、その隙に撮影
体を洗う場所は3つのみ
公衆浴場だからかレトロ感があります

RIMG0900.jpg
大きな浴槽が一つだけあります
源泉掛け流しの意味を、あまりよく知らないけど、汲み出された湯が常に浴槽に補充されています
湯は42~43度くらいかな、自分には暑めで、すぐのぼせてしまいそうです
水面には白い物体が結構浮いていました。垢だと思い少し気持ち悪かったけど、たぶん湯の花かもw
あとは硫黄の臭いが結構します。温泉って感じで別に嫌じゃないです

RIMG0901_20170621133702c04.jpg
外は十津川の景色が見えます
しかし入浴中は、地面から生えている草が邪魔で外が全く見えませんw
どうせなら刈り込んでくれたらいいのになぁ…もしかしてプライバシー保護のために残してるとか?

そんな、どうでもいいことを考えなら、風呂場を出ることに
あんまり長く浸かったわけじゃないけど、結構のぼせてしまいました

RIMG0902.jpg
外には飲泉場があり、温泉が飲めるそうです

RIMG0903_201706211858486b1.jpg
どうせならってことで、ちょっと飲んでみました

お~~、これはまずい!(+д+)

口に含んだ瞬間に、硫黄の香りが鼻から口からに、ムワッと漂い、正直吐き出したくなりましたw
味や香りに関しては好みがあるので、大丈夫な人も勿論いると思いますが。
あと水じゃなくてお湯でした。風呂上りのカラッカラに乾いている喉にお湯は無いよなぁ…って感じで

RIMG0904_201706211858432f4.jpg
良い性質だけじゃ無く、体に悪い性質もあるみたい
自分は高血圧なんで、あんまり飲まなくて正解だったな(笑)

RIMG0905_20170621185845a42.jpg
ベンチでグッタリしているところ

睡眠時間が4時間ほどで、少し寝不足気味の体に、温泉に入って体力が消耗したのか疲れました
温泉マニアの人って、1日に何回も温泉巡りしたりするんですよね
確かに温泉は気持ちいいけど、入浴後が疲労するので、何度も入ったりは真似出来んわ…

RIMG0906_20170621185845379.jpg
庵の湯は足湯も併設されている
こちらは料金無料

温泉の次は、果無集落とか、どろ峡とか行こうと思ったけど、疲れたのでそのまま引き返して帰りました
温泉に入って完全にお休みモードなのか、あくびが酷くて、眠たくて仕方なかったです
帰阪するルートに、五條から河内長野に抜ける金剛山の峠を走行
ワインディングも面白いし、気のせいかもしれないですが、車も直ぐに譲ってくれてスムーズに走れますし

ってわけで、自分には珍しい温泉ツーリングでしたが、温泉は体力が消耗するので次からは控えてようと思うw
あと紀伊半島に来て思ったけど、久々に潮岬へキャンプツーリングに行きたくなった
自分のホームグラウンド的な地でもあるし、年に1回は行きたいと思っているけど、次は何時いこうかな…?


関連記事

0 Comments

Add your comment