SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 BikeSearchを使い、SV650Sを全国から見つけよう

大手5社中古バイク検索サイト(BBB, BikeBros, GooBike, MJBike, WeBike)の情報を一括で検索できるサイトがあります
サイトには広告も貼り付けられておらず、シンプルで使いやすいサイトなので紹介しようと思いました
リンクはブログサイドバーにあるリンク欄にも追加したので、そちらからでも移動出来ます

総合中古バイク検索サイト BikeSearch.jp

SnapCrab_NoName_2017-7-1_11-48-34_No-00.jpg
使い方は検索バーに"SV650S"と入力して検索ボタンをクリックするだけです
検索すると、上記にある中古バイク検索サイト5社からの、リスト化されたバイク情報を見つけることが出来ます
他には金額の設定や、走行距離、販売店の地域の限定や住所など、絞って検索が出来ることも便利ですね
サイト管理人のページを見て、純粋にバイク好きが作った個人サイトの雰囲気が気に入ったので、今回紹介してみました
便利なサイトですので、バイクを探している人は是非一度利用してみてください


ここからは蛇足ですが…
他にSVの在庫を調べる方法として、中古販売店のレッドバロンがあります
レッドバロンはWEBで中古車を公開しておらず、自社ネットワークを使ったイントラネットで管理しているので、
実際に店舗へおもむいて調べてもらう必要があるため、少々手間が掛かるのが難点です

比較的、中古価格は高めですが、購入特典としてロードサービスや、オイルリザーブシステムなど、
独自のアフターサービスもあるので、オススメ出来る店でもあるとは思います

あとはヤフオクくらいですかね
程度の良い安価なSVが出品されていることもありますが、個人売買なので見極めが必要です
例えば自分のSV。エンジンとエキパイを繋いでいるスタッドボルトが折れており、溶接で止めています
なので、社外のフルエキの交換が出来ません!w
どうしても交換したい場合は、ボルトを切断して、エンジンにヘリサート加工という面倒な作業をしなければならず、
お店でやると工賃も高くなることでしょう
こんなトラブルを抱えながらも、出品する際に、わざわざ価値を下げるようなことを書く必要は無いですし、
後から指摘されても知らなかったで通せます
汚いですが、そういう悪意のある人も一定数はいるので、現車確認は必ずして細かい部分を見れる目が必要、
ということで、個人売買は注意が必要です(まぁ、販売店でも同じことが言えますが…)

SV650S、特に後期型は輸入された台数が少ないのか、中々希望の車種を見つけられることは出来ませんが、
じっくりと時間を掛けて探せば、いつかは購入出来ます(自分もそうでした)
手に入れることが出来れば、後は他の国産バイクと同じように維持出来ますので、根気よく頑張っていただければと思います
関連記事

0 Comments

Add your comment