SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 正直言って勢いで買いました [SHOEI RSヘルメットバッグ]

Amazonで見かけて、ついつい買ってしまった



理由はいろいろ書きますが…

まぁ、ぶっちゃけ衝動買いっす(笑)


RIMG0946_20170719165755625.jpg
購入したのはSHOEIのRSヘルメットバッグ

用途は、その名の通り、ヘルメットを入れるためのバッグです
バイクから離れるときに、いつもヘルメットを手で持っていたので、バッグに入れれば楽かと思ったのが購入動機
他のインプレを見ると、サーキットや教習所へ持ち運ぶために使うことが多いようです

RIMG0948.jpg
手で提げることが出来るほか、ベルトが付属しており、ショルダーバッグとしても使えます

RIMG0947_20170719165757daa.jpg
ジッパーを開き、底板を倒しました
バッグの内側は、ヘルメットに傷が入らないよう起毛になっています
後はシールドの予備を入れるためか、仕切りが2ヵ所設けられてますね
通気穴は底板の下に、1ヶ所あるくらいでジッパーを締めた状態では、ちょっと中の換気は悪そうです
バッグの素材は防水加工はされてなさそうですが、夏とか汗で湿った脱ぎたてのヘルメットを入れて、
そのままにしていると内側の起毛の素材も相まって、結構臭いそうですw

RIMG0949_20170719165759369.jpg
収納するのは、SHOEIのGT-air(サイズL)
SHOEIって結構帽体が大きいヘルメットが多いのですが、GT-airは特に大きいんですよね
これのLサイズが、入るとか入らないとかインプレがあったのですが、入るほうを信用してみました

RIMG0950_20170719165801cc7.jpg
結果は…入った!

でも、容量限界ってわけでも無いけど、もうほとんど中に入れる容量は無いですね(汗)
財布とか書類とか、500mlのペットボトル2本くらいは大丈夫かな?って感じ

RIMG0951_20170720022832752.jpg
触ってて少し面倒だなって思ったのが、バッグの中を開けるために、いちいち手提げの取っての部分を開ける必要があること


ヘルメットバッグのインプレはこんな感じですかね
バイクから離れるときには、GIVIなどの鍵付きの箱があれば一番楽ですけど、他にはヘルメットホルダーという手段もありますね
ヘルメットホルダーはあご紐切られたらメットを持っていかれてしまうのが、ちょっと怖いんですよ
そんなことは、まず無いことというのは分かりますが…何か不安なんですよねー
もし盗られたら法規上バイクに乗れず、往生することになりますし、ヘルメットのGT-airのこともそうですが、
普通のメットはホルダーにかける部分の紐を切ると、勿論あご紐を締めることが出来ずに使用は出来ませんけど、
GT-airはホルダーにかける輪が、あご紐から分離しているので、紐を切っても、そのままヘルメットとしても使えてしまうんですよ
他人が被った中古のヘルメット何て誰が欲しいの?とかネットで意見も見ますけど、一度ヤフオクで調べてから書いて欲しいですね
中古のヘルメットが山程売られていますし、買う人もいますから


話が少し脱線しましたが…
ヘルメットバッグ、やっぱりSHOEIのデザインが良い感じですね!w
SHOEIのメットをSHOEIのバッグで入れたらカッコイイと思って選んだんですけどね
出来れば小物入れが外側にも付いていたら、もっと使いやすいと思ったのですが、まぁ贅沢は言いません(笑)
実際にバッグをガンガン使うかどうかは、まだ分かりませんけど、大きすぎず小さすぎず使いやすいサイズのバッグなので、
今後使っていくことがあると思い、期待してますw


ショウエイ(SHOEI) SHOEI RSヘルメットバッグ



おまけ

RIMG0952_20170720022833a93.jpg
タナックスのマルチフィットサイドバッグのMに何とか収まります
かなり無理矢理だけど…(笑)
底板は曲げる必要は無いけど、バッグの周りの形が少し変形するかもって感じ
収納方法、また考えるとするかな
関連記事

0 Comments

Add your comment