SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 トラブル発生!? 和歌山県・城ヶ崎に寄ってみた

先週の日曜日の話です

最強寒波が来るとのことで、天気も良かったので、バイクの調子維持のためにも走りたくなりました
どこに行くか少し悩みましたが、海でも見るか…っと思い、加太に決定

出発は朝10時頃
先月の終わりくらいからかエンジンの掛かりが不調で、セルの調子がおかしい
今回さらに悪くなった感じがしました。バッテリーが原因だろうな…っと思い、予備で買ったジャンプスターターバッテリーを、
サイドバッグに入れて家を出ました

CIMG1427.jpg
いつも通るルートは飽きたので、たまには違う場所から走りたいと思ったので、170号線の外環状を走り、
途中にある、道の駅 いずみ山愛の里があったので、ちょっと寄ってみる
建物が綺麗で敷地も広く、遊具は無いが、子供やペットを遊ばせる広場もある
売店には新喜劇の池乃めだかや芸人の看板があり、吉本臭が強い場所だった

CIMG1428.jpg
国道480号線から和歌山に抜けようと思ったが、途中異常に混んでいたので迂回し、
府道62号線の犬鳴山を越えるルートを初めて走る
ツーリングマップルおすすめルートだけあり、ワインディングもそこそこで走りやすい道

CIMG1429.jpg
向こうの道路上にあるのはオービス?、いやNシステムかな
犬鳴山、結構楽しめました
温泉宿が多かったので、温泉好きの人にはオススメかも

CIMG1430.jpg
和歌山に突入し、加太を目指し西へ
途中のセブイレでミルクティーとパンを買う
隣にあるのはイルカが屋根に刺さっているという個性があるガソスタ

CIMG1431.jpg
淡島神社には寄らず、丘の上にある休暇村紀州加太に寄る
加太は夕日が綺麗でも有名だが、ここからの眺めが一番良いんじゃないかと
パンとドリンクで休憩していたのだが、人も多くゴミゴミしていたのが早々に退散

CIMG1436.jpg
景色を撮ろうと思ったが、モロに逆光で撮影が難しく、なんならとHDR撮影してみた(それでも逆光でイマイチ笑)
撮っていると、飛び出ている陸地の先に広場らしき場所があり、気になったので行ってみることにした

CIMG1438.jpg
しかし、辺りの海岸線沿いは、ほぼ駐車禁止地域
バイクならギリギリ中に入れるかと思ったが、安全を考えて、500mほど離れた広場でバイクを止めて歩いて向かう

CIMG1449.jpg
城ヶ崎という場所らしい

CIMG1439.jpg
車止めがあるが、よくよく見たら、バイクならなんとか入れるスペースはありました…w

CIMG1440.jpg
とのことです
あと釣り人が大勢いました
ハマチなどが釣れるらしいです
毎度思うことだが、釣りは興味無いけど釣った新鮮な魚を食べれるのは羨ましい

CIMG1442.jpg
砂利道の坂を上る
海が凄く近いです

CIMG1443.jpg
広場出現!
東屋がポツンと一棟だけあり、周りは全て海で景色よし

CIMG1446.jpg
ちなみに休暇村は、あの丘の上にある建物っす

CIMG1444.jpg
なんじゃこりゃ!
海岸の地面を見ると、ギザギザに削れた地面が出現

CIMG1447.jpg
九州にある鬼の洗濯板だっけ?、まさにあんな感じの地形です

CIMG1448.jpg
降りてみたが…歩き辛れえ~…
岩がゴツゴツしていて足が痛いし、苔で滑るしで直ぐに元に戻ることに笑
でも2、3人、なんか岩のところで採取していたけど、何を採っているんだろうか

CIMG1445.jpg
見づらいですが看板がありました
ギザギザの地面は、白亜紀に出来た地質とのこと
ふらっと寄ったところだけど、意外と珍しいものが見れたな

CIMG1450.jpg
気なっていた場所も行けたし、あとは適当に帰ろう
海岸線沿いには旅館や民宿が多いが、道路沿いに外れた宿やその他の民家など、廃墟のような建物も数件見受けられた
歩いてじっくりと探索すると、普段感じられ無い発見が出来る
ウォーキングも悪く無いな

CIMG1451.jpg
バイクに戻る
奥の使っていないテニスコートに、シートを置いて何か干してるみたいだ
それがまたとんでもなく磯臭い(笑)
磯のかおりを4倍に濃縮したような匂いで強烈だった
帰路は京奈和道を乗り、道の駅で蜜柑を買いながら、大和高田バイパス経由を通る

CIMG1452.jpg
しかし、ここでなんとも馬鹿なミスをしてしまうことに!
なんと一般道に下りるランプを見過ごして、そのまま南阪奈道路の高速道に突入してしまったw
ちょっと色々考えごとをしていて、気付いた時には手遅れでした…130円マイナス

そして更に問題が発生し、停車時にエンジンが止まってしまった
高速道を走行中に前兆があり、エンジンストールを感じていたので、やばいなぁ…と思うところはあったのですが…
とりあえず、サイドバッグを降ろし、ETCにカードを搭載。再度、サイドバッグを取り付けて、ここまでの時間が10分ほど。
最悪、バイクを押して帰ろうかと思ったが、セルを回すと勢いよくエンジンが掛かった
無事にそのままトラブルも無く、家に帰ることが出来てツーリング終了
SV650S、バッテリーが悪いと思っていたが、同時多発で別のところも壊れたのかもしれない
これについて思うことは、また別のカテゴリの記事にでも書こうかと思います

というわけで、加太にある城ヶ崎に行ったというプチツーリングでした
いつも通るところでも、じっくりと辺りを調べれば、まだまだ面白い発見が出来るかもしれません
最近は何か新しい発見を求めている自分がいますね


関連記事

0 Comments

Add your comment