SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 メスティンを蒸し器にする網を買ってみた

ひっさびさにキャンプネタを投稿
大してキャンプをしないのに道具だけは、いっちょ前に買ってるような気がするんですが…ま、いっか(笑)

CIMG1462.jpg
買ってみたのは網、というかバットですね
本間冬治工業というメーカーの製品で、汎用的な普通のバットなんですが…

CIMG1463.jpg
これがメスティンTR-210の専用に作られたように、サイズがぴったりとはまります!
網で足が付いており底上げされているので、水を張ると簡単に蒸し器になるという優れもの。
スモークチップを使うと燻製も出来そうです。
バットはステン製で接着も綺麗ですし、剛性感もあり長く使えそうな感じがします。
メスティンを使っている人は、値段も安いですし調理の幅が広がるので、1つ持っておいてもいいかと思います


trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】


BK 18-8 長バットアミ 18型

ここで終わると普通の商品紹介になるので、ちょっと何かやってみようと思う|ω・`)

CIMG1464.jpg
以前からキャンプで気になっていたことは、パックご飯の温め方です
キャンプを始めたときは、一からご飯を炊飯していたのですが、作ることから後片付けまで何もかもが面倒になって止めてしまい、
バウルーでパン食になったりもしましたが…やはり自分は日本人。米が食いたいんじゃ…(笑)

で、手軽にご飯を作れるパックご飯。
ワンサイズ大きい、ラージメスティン TR-209ならそのまま湯煎出来るので手軽なんですが、
自分が持っている通常のメスティンは口が小さいため、そのまま温めることが出来ません。
なら、パックから出して蒸せば良いじゃない!

CIMG1465.jpg
というわけでお供に買ったのは、くっつかないアルミホイル
食材を乗せる面にはシリコーンでコーティングされており、粘り気がある米でも、くっつきません
変な味が食材に付くことも、自分の舌では感じないですねw


油なしでもくっつかない 魚焼きホイル 25cm×6m

CIMG1467.jpg
パックからご飯を出して、アルミホイルに包んで

CIMG1468.jpg
中火でガスの火を掛けて、水が沸騰して湯気がたったら蓋をしめて、約10分待つと…

CIMG1471.jpg
ふっくらと温まったご飯の完成!

まるで自分で炊飯したかのように、ご飯が美味かったです
くっつかないアルミホイルのおかげで、無駄無く食べれるのもOK

自分、芋類が好きで、旅先でふかして食べてみるかと思いバットを買ってみたのですが、
パックご飯も手軽に温めることが出来るので、万能性の高い商品で満足しています。
で、いざキャンプに行くと飯は、惣菜の寿司!コンビ二おにぎり!…などはザラなんですが、
せっかく買ったからにはしっかりと活用出来るようにしていきたいと思います(笑)
関連記事

0 Comments

Add your comment