SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 8年使用した自作PCが突然再起動病になった件

今回はバイクのことでは無く、PCのことについての話になります
トラブルは現在、無事なんとか回復して、一応動作が安定しているようです
この記事はメモというか備忘録的な意味で書きますが、もし同じような現象で悩まされる人のヒントにもなれば幸いかと思います

①トラブル発生

CIMG1477.jpg

このブログにも使用しているのですが、約8年前にパーツを組み合わせて自作したデスクトップPCを普段使用しています
特にハードな使い方をしないので、ほぼ当時の構成のまま現在も使用中です
先週の始めごろ、普段通りに使用していたのですが、OSが立ち上がるとフリーズを起こし、再起動を繰り返す現象が発生。
突然電源が落ちる感じになって再起動になるんです。フリーズは今まで何度もありましたが、こんなことは初めて。
新しくPCを買う金も無いし、かといって中古PCを買うのもリスクがあるので手を出したくない。
PCのトラブルについては無知なので辟易するのですが…PCが無いと不便なため、トラブル解決に向けて調べることにしました

②原因はソフトウェアかハードウェアか

まず再起動を繰り返すという症状ですが…調べると要因が多くて断定出来ません
ソフトウェアの問題(アプリ同士の干渉やコンピューターウイルスなど)から、
ハードウェアの問題(HDD、メモリ、マザーボード、電源などの故障)まで実に様々。
調べれば調べるほど、考えることが多く、しだいに直すやる気も無くなり、4,5日そのまま放置してしまいました(笑)
バイクで例えるならレギュレーターの故障など電装品関係のトラブルのようで、かなり面倒臭い感じです
やる気が回復したので後日再開。とりあえず先ずは、お金の掛からないソフトウェアの面から調べることにします

③最終的にはOS再インストールですわ

まず不具合になる前に、avastという無料ウイルスソフトの更新をしたばかりなので、avastの削除から始める
セーフモードという最低限の機能で動く、診断用の起動モードに変更して、avastと他にも悪さをしていそうなアプリを消す
あと他には通称KP41病と言われる、windows updateによる電源管理による不具合もあるようなので、
コントロールパネルから電源などのパフォーマンスを最大にして設定。再度通常モードで起動してみる。
だが、またもや再起動を繰り返す現象が発生。しまいにはOS起動も始まらず、セーフモードさえ起動しなくなってしまった!
ソフトウェアの面では、これ以上無理と思い、OS再インストール(リカバリ)を決意
データは全て吹っ飛ぶが…仕方無い。諦めが肝心。バックアップは定期的に取っておくべきだった(笑)
HDDも劣化しているので、新品に交換してから再インストールは最終手段とし、他のハードウェアの原因を探ることにします。

④原因特定。マザーボードのメモリースロットの不良だった?

断定はしませんが、事前に怪しいと思っていたのはHDDとメモリです
HDDはcrystal disk info というアプリで診断出来るのですが、「注意」の表示で、
「代替処理済のセクタ数」「代替処理保留中のセクタ数」「回復不可能のセクタ数」と3項目に異常があるようです
注目するのは「生の値」という項目で、この数字に1以上数値があると危険のようで、
短期間に急激に数値が増えるようなら、かなりヤバイとのこと

それもありますが、使用のHDD、使用時間が31000時間も使っているみたいです(汗)
一般的なHDDの寿命が10000時間のようで、3倍以上!?
やっぱり原因はHDDによる劣化かと思ったのですが、断定して疑うのは過去に失敗しているので、メモリ関係も調べてみます

ASRockというマザーボードを使用しており、電源起動時、F2キーを押すことで、UEFI(BIOS)画面に移ります
UEFI(BIOS)とはOSやメモリやHDDなどを管理している大元のプログラムと思ってもらえれば良いと思います
ここで気になったのは、メモリを2枚刺しているのですが、メモリは認識されているのにデュアルチャネルになってません
マザーボードの仕様を確認して、ちゃんとその通りにメモリを刺しているのですが、やはりデュアルチャネルで認識しません
メモリースロットは4つあり、今まで使用していなかったスロットにメモリを移すと、デュアルチャネルで認識されました
あと、一応昔に作ったmemtest86+というメモリの診断ソフトを1時間半ほど走らせて2回パスしましたが、異常は無しということで、
メモリ自体が原因では無さそうなので、そのまま通常モードでOSを起動させると再起動病が出ることは無くなりました!

最後に大きい原因として、マザーボードのコンデンサの液漏れがあるそうですが、確認したところ異常は無かったです

⑤トラブルは特定の場所と断定せず、とりあえず出来るところから探るのが肝心

というわけで、今回の再起動病はメモリ関係のトラブルが原因でした
このようなケースでソフトウェアは別とし、ハードウェアが原因としては一番多いのがHDD不良のようです
自分も長期間使用して劣化したHDDなので、騙されるところでしたが何とか問題解決して安心しています
話が少し逸れますが、トラブルが発生して、ある特定のパーツが原因だと視野を狭めて断定するのは危険です

自分は過去にやらかしてしまい、全くPCの電源が付かないトラブルが起こったのですが、
電源ユニットの故障だと思って、急遽新品に取り替えたところ効果が無く、かなり焦ったことがありました(笑)
結局はマザーボードのボタン電池を交換したら直ったので、新品の電源代がほぼ無駄に使ったことになりますね

とりあえずパーツを買って交換して…というのは後回しにして、ケーブルの差込の確認や、最小構成にして立ち上げてみるなど、
金の掛からない出来ることから特定して行くのが大事だと思います。外堀から埋めて行く感じですかね
結構えらそうなことを書いてますが、ほぼ素人に近い知識の自分が無事解決出来たのは奇跡に近くて驚いてます(笑)
でもHDDに感じては劣化は確かなので、近いうちになるかは分かりませんがSSDにでも換装したいかな~と。
OSを移すのとかは難しそうなので…やるなら多分再インストールになるかもしれませんがw

【追記】
2日後、また突然の再起動が発生
というか、ブートエラーらしくHDDからOS起動が完全にしなくなってしまった
修復するには、OSのインストールディスクを入れてから修復すればいいとのことですが、
流石にHDDの使用時間から考えて、新品にした方がいいと思い、SSDを購入しようと思ったのだが…

その前に一応念の為、HDDのSATAケーブルを外して、接続端子のホコリを綺麗にし、
マザーボードのSATAスロットを変えてケーブルを差込み、再度起動してみる
そうするとOSの起動に何と成功。しかも、以前よりも起動する時間が体感2倍以上早いような(笑)

どないなっとねん!、って感じだけど、メモリのこともあり、原因はマザーボードかもしれないです
ただの接触不良だったらいいんだけど…マザーボード交換は正直面倒臭いし、今付けてるCPUの対応は中古しかないので、
まだ持って欲しいんだけどなぁ…
できれば、windows7のサポート終了まで使おうと思っているのですが…無理かなぁ~(笑)
関連記事

0 Comments

Add your comment