SV650Sと晴れのちツーリング

SUZUKI謹製Vツインスポーツ、SV650SとのツーリングBLOG

 350円のエアゲージを試してみる

タイヤの空気圧を測定するエアゲージ(タイヤゲージ)ですが、
コーナンで買い物中に、たまたま目にしたところ、気になったので買ってしまいました…

CIMG1711.jpg
エーモン ペンシルエアゲージ A58

サイドバッグの中にでも、常に携帯する用に買ってみたわけです
安いしペンシル型というのが面白いで選んでみました

CIMG1712.jpg
単位はkpaで最大測定値は350kpaとなっています
kgf/cm2のほうが馴染みがありますが、およそ100倍かけた数値がkpaですので分かり難いことは無いかと。
CB1300のリアが標準で2.9kgf/cm2なので、350kpaも測定できれば、バイクならほぼ全車種対応出来ると思います

CIMG1713[1]
ボールペンサイズなので携帯性は抜群ですね~
チープ感は流石にありますが、外の素材は一応スチール製になっています

CIMG1714.jpg
というわけで、早速試してみる
フロントはダブルディスクで狭いので測り難い
あとペンタイプで長いので、位置の調整を考える必要がある
言っても、そんなに大層なことでは無いが(笑)

CIMG1715[1]
バルブとエアゲージの口金をしっかりと合わせて測ると、ピュッっと測定の棒が出てくる
以外と精密に測定出来ている気がします。誤差は±10kpaとのことですが…

CIMG1747.jpg
これが今まで使っていたエアゲージ
単位はbarですが、kgf/cm2とほぼ同じです
有名なメーカー製らしく、信頼して使っていたのですが、これで測るとペンシル型と比べて、かなり誤差が出ました

ええ…と思い、気になったので近くのエネオスに出撃し、エネオスの測定器を基準にしてみることしました。
2.5kgf/cm2と調整してもらい、ペンシル型で測ると250kpaと、やはり意外と精密に測れてます
で、今まで信頼していたエアゲージ。
測定値、何と約2.8bar(kgf/cm2)!マジかよ!!
kpaで計算すると、今まで30kpaほど多く測っていたと…?(汗)

まとめ

安くて、携帯性も良くて、測定精度も結構正確な印象

安い、携帯性も良いというのは誰でも分かるとして、精度に関してですが、意外と精密な印象です
正確なデータを集めて検証したわけでは無いですが、誤差±10kpaというのは概ね正しいんじゃないかと。
ガソスタのエアゲージがいい加減だとしたら、全ておかしいことになるのですが…そこは信頼することにしましょう!(笑)

あとはバルブの口金を合わせて測定するときに、空気の漏れが少なく測れるのは地味に良かったと思うところです
不良品に当たると、エアゲージに当てるとめちゃくちゃ空気が漏れる物もあるので…そこらへんちょっと気にしてたんですよ
耐久性は不明ですが、すぐ壊れたり、測定誤差が酷くなり使えなくなったとしても350円くらいなので許せるかな

現状では好印象な商品です
携帯用に買いましたが、バイクに乗る前には必ず空気圧を測るので、ガンガン使って耐久テストもしたいと思いますw


エーモン エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa A58
関連記事

0 Comments

Add your comment