ロードバイクに乗ってみた

2019年08月11日
0
0
自由帳(雑記)
※注意 ロードバイクのロの字も、よく分からないド素人が書いてます。


近所には持尾峠という道があり、一部区間が終日二輪通行禁止になっているんです。
この区間をどうしても走ってみたくなり、今回ロードバイクを借りて走ってみたというお話。

CIMG2672.jpg
今回借りて乗ってみたのが、ブリヂストンのANCHORというロードバイク。
自転車には特に興味は無いのだが、ロードバイクはバイクで言うとレーサーレプリカのような車種(と自分は認識している)なので、ちょっと乗ってみたかったんです。
普段、全然自転車に乗らない自分。慣れないと乗りにくいし危険とのことで、少し練習してから持尾峠に行くことにしました。

■まず最初に思ったこと■
フレームがアルミ製?なのか片手で楽に持ち上げれるほど軽い。
タイヤが物凄く細い。極限まで抵抗を減らすためか、接地面が親指ほどの面積しか無い。
軽量化?のためかフェンダー、スタンド、チェーンカバーなどの便利な装備が無い。割り切ってる仕様は嫌いじゃないけど、普段使いには向かないだろうな~(笑)


■乗ってみた感想■
【ハンドリングがクイックすぎる。直進安定性が低い】
フォークがかなり立っておりトレール角も、かなり少ないと思う。加えてホイールベースの短さもあり直進安定性が低く、ふらついて乗りずらい。両手を離して数秒程度も安定して走れる気がしない。立ちこぎもふらつくので難しい。その分コーナリング性能は申し分無い。目線をコーナーの先に合わせ、体重を少しかけるだけでバンクしていく。極低速域ではバイクでは味わえない直角に勢いよく曲がるので面白い(笑)

【変速が難しい】
リアは特に問題無いけど、フロントのギアを合わせるのがコツがいるようだ。カチッと一発でギアにチェーンを合わせるのが難しくてガリガリガリ…っと嚙んでしまう。ギアの枚数も多いので、坂道の途中のような場所で、瞬時に適正な変速を合わせるのも難しいように感じた。変速に関してはある程度慣れが必要ですね。

【止まらない】
ブレーキ性能が低く止まらない。ロードバイクは峠の下りになると、予想以上に加速するので止まらないブレーキには恐怖を感じました(笑)

【ケツ痛い】
シートが細くて固いので座り心地は最悪。短時間乗るだけでケツが痛くて参った。座るよりも「腰を掛けるためシートのようなもの」、という表現のほうが正しいか。サイクルパンツ?お尻にクッションがあるパンツを履いて乗るみたいだけど、自分は普通の短パンを履いて乗りましたw

【突き上げ感が強い】
ギャップを拾ったときの突き上げ感が強い!空気圧を7㎏くらい入れるので跳ねるんでしょうね。フレームとの関係性はどう影響してるのかは分かりませんが、予想以上に悪い乗り心地でしたw

とりあえず以上が1日ほど軽く乗ってみて思った感想です。
書いてて思ったけど、ロードバイクって快適に乗れる要素が全く無いねw
比べるものじゃないと思うけど、バイク乗りなんでどうしてもバイクと比較してしまいますね。

CIMG2665.jpg
とりあえずそんな自転車をおぼつかせて乗りながら、持尾峠を目指す。
時刻は22時30分ごろ。ライトも豆球のような光量で、いくらなんでもこんな夜に峠を走るのは不味かったかもしれない。

CIMG2667.jpg
目的地はこの先にある。しかし、慢性的な運動不足の自分に南河内グリーンロードはハード過ぎた。
バイクでは全く感じさせないので忘れてたが、そういえばこの道はアップダウンが多かったんだ~!
ちなみに自宅からここまで全て上り、ここから先も上りがかなり続く。
汗だくで息もかなり上がり、正直帰りそうになってしまったことをここで正直に告白する。

CIMG2668.jpg
ひ~こら漕いで、平石トンネル着。
ここまで来るだけで体力がかなり消耗してる。どんだけ運動不足やねんって感じやけどねw
あとケツも痛くてたまらなかった。乗り方も悪いんだろうけど、適正な装備してませんし…
ちなみに今日ワタクシの装備は、

ヘルメット無し
素手
よれよれのTシャツ
ハーフパンツ
カインズにて800円ほどで買った軽作業靴

以上でございます。

CIMG2669.jpg
問題の区間へ突入。二輪通行禁止の標識あり。
本当はバイクで来たかったんですけどね…大阪は二輪通行禁止区間が非常に多いんですよ。
その理由も暴走族やローリング族の対策のためが多く、ワインディングコーナーが多い持尾も該当するでしょう。
そんな輩は令和の現在、ほぼ絶滅状態だと思うのですが、いまだに形骸化して規制が残ってるのが現状です。

持尾を走ってると普通に原付が1台走ってましたけどね。
法律的には違法なんですが、一概にNOとはちょっと考えられないんですよね…
交通量が多い幹線道路ならまだしも、こんな辺鄙な峠では、もう多分一生解除されないような気もします。

CIMG2670.jpg
通行禁止の入り口~持尾展望台までを目指す。
快適なワインディングロードで楽しそうな峠です。通行禁止になったのも分からなくも無いくらい。
しかし今は自転車で全く楽しくない道に変わる。展望台まで延々と上りが続く。途中、勾配8%の看板があった。もう勘弁してくれ…って感じである。
しかも山の中なので街灯も無く、真っ暗なんですよ…
画像はたまたま後ろから車が来たので、明るく写ってるけど、実際はほぼ完全に闇の状態でして、お化けじゃなくて路面の状態が分からないのが怖かった。


時刻は23時30分、持尾展望台着。
展望台は大阪平野が見下ろせて、そこそこ夜景が綺麗な場所があるのだが、何と二組もカップルがイチャついてやがった!
丸太で作られた小さい展望台なので、汗だくでハァハァと息が上がってる状態で近づける雰囲気では無かった…w
なので写真は無し。ただでさえ死ぬほど疲れてんのに更に追い打ちをかけんなよ~
ちなみに展望台から、さらに上に持尾城跡なる場所があるようなので、そちらのほうが展望が良さそうだし、次行ってみるとするか。

今まで地獄のような上りを終え、展望台からは下りが続く。
しかし、このロードバイク、下りは物凄く加速する。抵抗を減らすように作られてるので自然と速度が出る。
下りは楽だが止まらないブレーキを必死に操作して速度を抑えるのが難しかった。
車体も、この細いタイヤでどこまでバンク出来るか感覚が分からないのもあり、楽しさよりも恐怖感のほうが強かったかな~

峠を下って少し走った先にファミマがあるので、少しまた休憩して帰宅した。


時計回り。距離は20㎞ほどだが所要時間は2時間ほど掛かってしまった(笑)
ロードバイクは乗り辛いが、トレーニングもこなして乗り慣れれば、凄く楽しくなれる乗り物のように思う。
とりあえず今のところ自転車を趣味にするつもりは無いけど、運動不足解消のために、また乗ってみるかもしれません。健康にもいいですし。
関連記事
スポンサーサイト



yksb
Posted by yksb
スズキのSV650S(K6)に乗っています
他にツーリングやキャンプなどなど
掲示板も兼ねてツイッターもやってます
Twitter

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply