SV650S(K6) 禁断のシールチェーン灯油洗浄

2020年02月22日
0
0
メンテナンス
自己責任でお願いします。


もう自分のSVは色々と諦めてる部分があるので何かトラブったら笑ってやってください(笑)



一般的にシールチェーンの洗浄について入手性も良く安価であるが、灯油での洗浄は厳禁とされています。
勿論自分も知ってましたので今までやらなかったのですが…ふと何でダメなんやろうな?と疑問がわきました。
そこで他のブログやyahoo知恵袋などを見て、理由を調べてみたところ、
「シールが膨らんで切れたり、中に密封されたグリスが流れ出る」
とのことですが、シールが膨らむのは普通に考えてダメ、それは分かります。

でも他のブログの方ですが、各有機溶剤にシールを浸けて膨張するか実験された方がいまして、
灯油に30時間浸けても膨張の変化は無かったと検証されてるんですよね。
シールチェーンについての誤解のお話

じゃあいけるんじゃね?

あ、ちなみに上のブログの方の記事の後に追記があり、引用させていただきますと、

・つけおきは厳禁!
(シール自体は痛まないが中に封入されてるグリスがドロドロになり流れだしてしまうため)
・洗油後は必ず綺麗に一度灯油を拭きあげること!
・金属ブラシや硬いブラシで磨かない
(シールに傷が入る・チェーン皮膜が傷つく等)
・洗浄後の注油は内側のプレートラインにそって塗り余分な油分は必ず拭くこと


あとDIDの公式サイトでも引用させていただきますと…

Q、チェーンの洗浄方法は?

A、チェーンに砂、金属粉などの物質が付着したまま使用した場合、摩耗の助長やチェーン硬直などが発生し寿命が短くなります。このような有害な物質を洗浄で取除いて下さい。洗浄は灯油に浸し、乾燥後十分に給油して下さい。ただし、シールチェーンの場合、灯油でシールが劣化する場合がありますので、10分間以上浸さないで下さい。洗浄液にはチェーン・スプロケットに有害な酸やアルカリあるいはガソリンや高揮発性溶剤などは使用しないで下さい。なお、シールチェーンにはワイヤーブラシを使用しないで下さい。

https://www.did-daido.co.jp/jp/toiawase/faq.html


分かった。とりあえず灯油に浸けんなってこったな!!
今まで動画やブログで約2、3名ほど(笑)、シールチェーン灯油洗浄で全く問題無し、というのを見たことがある。
じゃあやっぱいけんじゃね?



CIMG3108.jpg
というわけでチェーンの清掃に取り掛かりましょう。
チェーンカバーのボルト、あとチェーンガイドも少しずらして清掃したいのでボルトを取り外す。

CIMG3110.jpg

CIMG3115.jpg

CIMG3117.jpg
清掃前のチェーン。
KUREのスーパーチェーンルブを吹いてから結構経っており、ゴミも付着して少しドロドロ状態です。
このチェーンルブ、粘度もあって気に入ってるのですが、時間が経つと汚れるし抵抗感も感じるんですよ。


KURE(呉工業) スーパーチェーンルブ (180ml) チェーン専用プレミアム潤滑剤 [ 品番 ] 1068 [HTRC2.1]

CIMG3118.jpg
使用したのは灯油と洗面器とブラシ、あとウエスや辺りが汚れるのでダンボールも用意する。

CIMG3120.jpg
試しにチェーンガイドで灯油を濡らしたブラシを擦ってみました。
ちょっと擦っただけで驚くほど綺麗に汚れが落ちます。

CIMG3121.jpg
あっという間にピカピカになりました。

CIMG3122.jpg
灯油でチェーンを清掃します。
洗面器に溜まった灯油の色で分かりますが、びっくりするくらい簡単にコテコテの汚れが落ちて気持ちいいです。
でもチェーン周りめちゃめちゃ汚れが飛び散るので注意(笑)

CIMG3128.jpg
洗浄後のチェーンはこんな感じ。

page2_20200222031333aed.jpg
比較するとこんな感じでお分かりだろうか。
近場で見るともっと綺麗に見えるんですけどね~

CIMG3126.jpg
洗浄後はウエスで拭きとるのですが…ここで注意。
このローラーの中に灯油が溜まっていることに気づきました。
灯油はパーツクリーナーとは違い、揮発しにくいので中に溜まるわけなんですよね。
ローラーを回すと灯油が垂れるのでコンプレッサーのエアーで粗方吹き飛ばしてから、またウエスで拭き上げることにしました。

CIMG3137.jpg
吹き上げた後、エンジンオイルに増粘剤混ぜた物を歯ブラシで塗って、拭き上げて終わり。
メッキチェーンでは無いので見栄えはあまり良く無いですが、かなり綺麗になったと思います。
灯油がまだ拭き取れてない感じで気になるところではあるが…ま、あまり神経質にならんようにしよ(笑)

清掃、注油後、リアタイヤを手で回すとびっくりするくらいフリクションロスでタイヤが軽くなりました。
ルブメンテは勿論のこと、今まで粘度の低いオイルメンテでは清掃の必要は無いと思っていましたが、
このタイヤの軽さは今までオイルメンテで体験したことの無い軽さです。
定期的にとは言いませんが、たまには清掃する必要があるのかもしれませんね。

ちなみに今回使用した灯油は約100ml。
現在灯油価格はリッター90円くらいなので、コストは約9円という驚きのコスパです。
灯油洗浄のメリットは、入手性、洗浄性、コストパフォーマンスに優れていること。
デメリットは拭き上げが面倒、チェーン自体をダメにする可能性、そもそも非推奨であること。


CIMG3119.jpg
自分が言うのも何ですが、灯油は懸念材料があるので、やはりこういう専用品を使うのが良いと思います。
これも結構洗浄高くて使いやすかったですが、普通のパーツクリーナーと何が違うんやろ?


AZ(エーゼット) MCC-002 バイク用 チェーンクリーナー パワーゾル 650ml シールチェーンOK ブラシ付(AW606)
<↑これ昔もっと安かったけどなんかめっちゃ値上がりしてるな…>

そんなわけで以上です。
チェーンがダメになったらまた追記したいと思います(笑)
問題無ければこれからも灯油を使い続けるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



yksb
Posted by yksb
スズキのSV650S(K6)に乗っています
他にツーリングやキャンプなどなど
掲示板も兼ねてツイッターもやってます
Twitter

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply