四国一周ツーリング7日目 濃霧で何も見えないでござる

2014年06月10日
0
0
四国・淡路島一周ツーリング
5:30起床
起きると外で雨が降っている音が聞こえる。
雨降ってんのかよ~…と、思い二度寝。30分ほどして起き、窓を開け外を見てみる。
いや~マヌケな話、雨の音だと思ってたが、川の流れる音でした(笑)
雨はとっくに止んでおりました。くっ…不覚!

DCIM0056.jpg
撤収開始。まぁ別に急ぐことも無いのですが、行動は早いうちにしておいたほうが何かといいんで。
一昨日、バッテリーが切れたデジカメだが、これ電源が入るとレンズが伸びて、オフにしたらレンズが収納しコンパクトになる、まぁ一般的なコンデジだけど、レンズが伸びたまま電源が切れやがった。嵩張るやんけ!

DCIM0057.jpg
”えひめ森林公園”いいところでした。ここは来れたらまた絶対来よう。
涼しいし風も無いし過ごしやすい場所だし、バンガローはあるし。バンガローは使えるかどうかは運だろうけどね。一応前日までに予約必須らしいので忘れないでおこう。

さて、次はR33を東へ進み、石鎚スカイラインを走り、瓶ヶ森林道を走る。
今回のツーリングで3つ楽しみにしていた道がありまして、室戸スカイライン、四国カルスト、そしてこの瓶ヶ森林道。画像で見る限りでは、個人的に瓶ヶ森林道が四国では一番素晴らしい絶景なんじゃないかと思っているわけです。是が非でもここは絶対に走りたい!

石鎚スカイライン・瓶ヶ森林道へ向かうが…

DCIM0059.jpg
R33で三坂峠へ行くまでの停車場で合羽を着る。というのも途中の電光掲示板で降雨の量が出ていたので。
走っていて思うが、ここいらは天気が不安定な地域のように感じる。
あと途中から気付いたが、ここらへんで帽子落としたと思う。
白のメッシュのキャップが落ちていたら、それ俺のです(笑)

DCIM0060.jpg
ここらは久万高原というのか。冬はスキー場にもなるらしい。今は涼しいというより寒いほど。

DCIM0061.jpg
暑い昼時なら涼みに行ったかもしれないが、今回はパスで。今思えば見なかったことに少し後悔(;´д`)

DCIM0062.jpg
石鎚スカイラインを走る。ゲートらしき建物があるが、元料金所だろうか?
ここから目指す山の方を見ると、雲?の流れが物凄く早い。少し不安だが…。
あとこれ撮影するとき、バイクの側の溝に足を滑らしかけて、バイクをこかしそうになったことは内緒(笑)

スカイラインとは言うが、道も狭く、路面もあまりよくない。濡れた落ち葉とか落ちてるし怖い。
山に上るに連れて霧が出てくる。麓で見たのは、流れが早い雲だと思ったが霧だったのか…
しかし霧が出たらなにも見えないじゃないか。あーー、これはもうだめかも分からんね。

DCIM0063.jpg
頂上の土小屋らへんの駐車場にて。ご覧のとおり酷い濃霧に包まれて、なーーーーんにも見えまへん(;Д;)
10分ほど粘ったが一向に晴れる気配なし。諦めて麓に下りることにしました。
というかここ風が強い!この日は特別なのかもしれないが、バイクではとてもじゃないが居たくなかった。
あと寒いわ、小雨降ってるわ濃霧だわ…四国ツーリングで一番酷かった悪条件の道だったな。

瓶ヶ森林道は一車線の狭い道。濃霧で視界はかなり悪く、ゆっくりと下っていく。途中少しでも晴れて欲しいと思ったが、結局適わずだった。こんなん写真撮る気も失せるわw
というか愚痴を言わせて貰うが、プリウス乗りのジジイ!この悪条件の狭い道をどうどうと真中を走ってんちゃうぞ。しかも結構なスピードで。多分向こうからしたら、こんな濃霧で走ってる奴は他におらんやろ~、と思ってたと思うが走っとるっちゅうねん。なんで俺が溝に落ちそうなほど端をゆっくりと走らんといかんのか。これには腹立ったが、濃霧から表れる俺のバイクを見て、急ブレーキでスピードを落とすジジイの驚いた顔を見て、さらにムカツイた。しかも3台続けてジジイ+プリウスってのがもうね…。

DCIM0065.jpg
かじかんで手が痛い。しかしこんなにも冷えるとはな。まぁ標高1400mぐらいあるからな~

DCIM0066_stitch.jpg
瓶ヶ森林道の起点の場所にて。ここの絶景の片鱗が少し垣間見えた気がする。
今回で一番楽しみにしていた場所だけあり、見れなかったのは本当に残念!!
どうしようか、しまなみ街道は今回はパスしてる予定だけど、今治らへん行って、しまなみ見て1泊して再度、瓶ヶ森攻略してみようかなーと思ったがヤメ。所持金に不安ということもあるが、また四国に来る口実を作りたいため。ここは絶対また来よう…その時にしまなみ街道も渡るとしますか~

DCIM0069.jpg
麓に出たらこの晴れ間。来た山の方を見ると、こころなしか少し霧が晴れてるようなきがするぞ(;´д`)

DCIM0070.jpg
道の駅”木の香”で休憩。あー疲れたー

DCIM0071.jpg
携帯の電源が切れそうな為、急遽充電!2台体制で頑張っておりヤス!
r17を東へ。この道は極端に交通量が少なく走りやすかったな。道も比較的綺麗で景色の良い道でした。

うどん四国のいのち、早明浦ダム

DCIM0074.jpg

DCIM0075.jpg
四国の水不足の際、必ずといっていいほどニュースに出る早明浦ダムに到着。
確か役場の建物が沈んでるんだよね、ここ。見る限りでは水不足って感じでも無さそう。
この水のほとんどが、うどんを茹でるために使われてるわけか…

DCIM0073.jpg
雰囲気のいい静かな場所やね。

DCIM0072.jpg
放水シーンも一度は見てみたいね。
さ、ご飯食べにいくとしますか!今日の昼は店で食べます。食べきれるかどうか心配になる店です(笑)

これで並盛りっすよ!

DCIM0076.jpg
大豊町にある”ひばり食堂”へ。ここでは駐車せず、離れたところの駐車場で止める。
しかしここから少し下ったところに、日本一の大杉なんてあったのか…。見んの忘れた(;´д`)

DCIM0077.jpg
カツ丼(\800)。カツが2枚乗っていて、ご飯が1.2合ぐらい?素晴らしい量やね。
味も、もちろん美味い!甘すぎず辛すぎず絶妙な味で、しかもこのボリューム。いや~満足満足。
ここ最近全然ご飯の量食べてなかったが、なんとか食べきれてよかった。
しかしこの時間帯来るのは少しまずかったかな。(1時頃)昼時で人もごった返していたし、相席上等で食べました。いい店だけど、ゆっくり静かに食べたいという人にはおすすめできん場所やね。
あと、このカツ丼大盛りを見たけど、自分的にはリバース待ったなしの量だったので頼まなくてよかった(笑)
店を出て次の場所、祖谷へ向け走る。

かずら橋とか小便小僧とか

DCIM0078.jpg
わらぶき屋根?のゲートが突然でてくる。こんなん初めて見たな~

DCIM0079.jpg
秘境感があり、大変よろしい。

DCIM0080.jpg
かずら橋を見る。結構渡ってる人いるね。

DCIM0081.jpg
安全性を確保するために中にワイヤーが入ってるそう。仕方ないけど少し残念な感じが…。

DCIM0082.jpg
流石に\500は高くないか?もちろん渡りませんが。
もう少し行けば、別のかずら橋があるみたいですがキャンプ場のこともあるしパス。
どちらかというとそちらの方が興味あったんだけどなぁ~…

DCIM0083.jpg
r32を走り小便小僧を見る。すごいところに立っている。これは落ちたら助からんよな。

DCIM0084.jpg
小便小僧の足元には小銭がたくさん!あとで回収するのだろうけど、拾う方も大変やな…w
しかし、この道はツーリングマップルおすすめルートになってるが、特に走っていて楽しい道でも無かったが…?持ってるのが10年前のツーリングマップルだから、今は変わってるかも知れんな。
さて、今日の泊まるキャンプ場は事前に調べた情報によると、かなり期待できるキャンプ場ですYO!
はやく着いてゆっくりしたいですYO!

うどん巡りには、おすすめのキャンプ場

DCIM0086.jpg

DCIM0085.jpg
到着!場所は”橘の丘総合運動公園”です!芝もいいし乗り入れできる静かな場所。
情報通りのいい場所で気に入りました。だが申請が必要で、日・月が泊まれないのはデメリットか。

DCIM0089.jpg
晩御飯はコロッケサンドとコーヒー。とんかつソースだけしかないから仕方ないけど飽きたな(笑)

DCIM0087.jpg
食ったらしばしゆっくりと休憩。なんか俺の写真こんなん多いような気がする(´∀`*)

DCIM0091.jpg
明日はもうあれしかないわな…。うどんうどん!
明日行く店を事前に調べるが、このデータ古いような気がするので、少し不安だったり(笑)
さ、明日は食って食って食いまくれる…かな!?
この夜、深夜1時頃、俺のテントの側で野良犬が吼えまくってた。( ゚Д゚)ビビッター
野犬でるし、猿やマムシも出るらしい。なんだここw

DCIM0095.jpg
本日の走行距離292.9km


えひめ森林公園~瓶ヶ森林道まで


瓶ヶ森林道~祖谷渓~橘の丘総合運動公園

土小屋自販機 160
ひばり食堂 カツ丼 800
エネオス琴平 ガソリン代 2135
橘の丘総合運動公園 キャンプ 0
合計 ¥3095

続き→四国一周ツーリング8日目 まさかの3戦敗退
関連記事
スポンサーサイト



yksb
Posted by yksb
スズキのSV650S(K6)に乗っています
他にツーリングやキャンプなどなど
掲示板も兼ねてツイッターもやってます
Twitter

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply